Weekly status 009

1

Week 9 of 2019 (2019/2/23)

今週の断捨離

身の回りのモノ、データなどの整理、処分について。モノが少なくなると気持ちがすっきりします。

だんだんと温かくなってきたので、冬物の洋服を捨てはじめた。もう何年も着たものだ。
春はイメージチェンジして、雰囲気の違うデザインの洋服を着てみようと思う。今までは細めのパンツを履いていたが、これからはワイドなシルエットでルーズなデザインにしてみようと思う。ワイドなパンツは楽だし。

使っていないMacBook Air 11インチを友達にあげた。Cinema Display(23インチ)もセットで。使わないPCがあるから保管場所が必要だし、そのPCの使い方を考えてしまう。その考える時間も無駄だ。欲しい人にあげればその人も喜んでくれて全てがうまく収まる。

今週のEfficient

遊びは無駄があってもいいけど、仕事は効率よく行いたい。PC、スマホは効率よくするための道具だ。そのPCやスマホの使い方が効率が悪くては元も子もない。

LINEウォレット
LINEアプリの中のウォレットを設定して使えるようにした。(今更!)
友達とコーヒーを飲んだりするとき別々に支払うのは面倒なのでまとめて払うけど、そのあとコーヒー代を友達に小銭で払うのも面倒だ。そこでLINEウォレットを使用してる。問題が1つ、100円単位しか送金できないので、いつもどちらかが少しだけ損をする。女性の場合は問題になるかも。

今週のExercise

冬の間サボっていた筋トレをやっと始めた。寒いとやる気にならない。今週は暖かい日もあったので体を動かしたくなった。久しぶりに筋トレをすると筋肉痛になる。この筋肉痛が気持ちいい。

今週のNature

庭のウチワサボテンが寒さで折れた。昨年の冬も同じように折れた。多分、寒さで中の水分が凍って固まって重くなり、耐えきれず折れるのだと思う。折れてしまったサボテンは、夏だったら土の上に置いておくだけで根が出る。とても生命力が強いのだ。今年の夏もサボテンを増やす予定。

今週のDIY

最近DIYがおもしろい。やる気があれば何でも作れる気がする。お金と時間があれば家も作れそうだ!

洗面所の壁、洗面台。
壁は木のパネル(と言うのだろうか?)をホームセンターで購入した。
洗面台はIKEAで購入した。
壁の施工は2日かかった。洗面台は娘と一緒に施工して、約半日。水道の仕組みなどを娘に説明した。覚える気はないだろうけど。
洗面所だけログハウスのような雰囲気になり、娘達はニセコのおじさんの家(本物のログハウス)のようだと言っている。

今週のBook

立川こしら「その落語家、住所不定。タンスはアマゾン。家のない生き方」
ミニマリストを極めている著者の実践方法を知ることができる。洋服はほぼ使い捨てで、パンツは中国でまとめ買いをして、それをAmazonに保管(ついでに販売も)している。自分のものだけれど使用するためにはAmazonから購入しなくてはならないが、他の人も買ってくれる(かもしれない)。おもしろいことを考える人だ。

村上春樹「風の歌を聴け」(1979年7月23日)
村上春樹は今までにほぼ全て一回は読んでいるけれど、あらためて読み直している。若い頃に読むと、主人公の「僕」と同じような気持ちになって、すぐにビールを飲みたくる。しかし今はそのペースでビールは飲めないけれど、その雰囲気をもう一度味わいたくて再読しています。

今週のMovie

「LION/ライオン 〜25年目のただいま〜」(2016年/オーストラリア)
実話をもとに作られた映画。インドで育った主人公のサルーは5歳で迷子になり、家族と離れてしまう。オーストラリア人夫婦の養子になり、何不自由なく生活していたが、生まれ育ったインドの家族が気になりGoogle Earthで実家を探し出す。感動の映画。Amazon prime videoで現在無料。

今週のT-Shirts

昨年、思いつきと勢いではじめたスクリーン印刷。オリジナルのTシャツをデザインして、自分でプリントしています。

今年のTシャツの季節(夏)に向けて準備を開始した。まずは真っ白の手ぬぐいをAmazonで購入した。手ぬぐいにスクリーン印刷をすると、これがいい感じなんです。日本のお土産になるような手ぬぐいを制作中。

今週のCreative

フォトブック
2月10日の大相撲トーナメントを観戦した。そのとき一緒に行ったおじさま方へ、フォトブックを作って差し上げる。
フォトブックは年に数回作成している。いつもAppleの「写真」アプリの機能で作っている。今回も「写真」アプリを使用したが、フォトブックの制作は別アプリが必要になっていた。そのアプリは「Mimeoの写真」というアプリ。使い方は今までの「写真」アプリと大きな違いはない。今回はソフトカバー20ページのフォトブックを制作した。1冊9.99ドル。11冊作成。注文時の納品予定は1週間後だったが、2日後に届いた。速い。今までは海外で制作していたようだが、「Mimeoの写真」は国内で印刷しているようだ。仕上がりのクオリティは十分だ。

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。