元気です 北海道

北海道胆振東部地震(ほっかいどういぶりとうぶじしん)が9月6日に発生してほぼ1ヶ月。

北海道に来てみた。

 

スポンサーリンク

 

札幌、ニセコ、支笏湖温泉を回ったが、とくに地震の影響は感じなかった。

ニセコエリアでは約24時間停電したらしいが、それだけだ。

1ヶ月経ってみると札幌の街も、ほぼ平常通りに思える。

 

ニセコはますます元気だ。超高級コンドミニアムが立ち続けているし、高級ホテルの建設予定地もある。

ニセコの寿司屋では150万円のワインが何本も出る。

ZOZOの社長もニセコで人気の寿司店を貸し切ったことがある。

ニセコは大自然の中にあるが、オシャレな店がその大自然の中にあるので、都会のお店には出せない雰囲気を醸し出している。

 

支笏湖の畔にある丸駒温泉(http://www.marukoma.co.jp/)に行った。

台風と地震の影響で天然露天風呂が閉鎖していたようだが、9月14日に復活した。

この天然露天風呂がいい!

大きな支笏湖のほんと真横にあって、深めの露天風呂は湖が触れるくらい。

この深さは季節などにより変動し、私が入ったときは115センチメートルと少し浅め。

お風呂の底は玉砂利で、そこから天然温泉が湧出している。

なんとも大自然を感じる温泉だ。

 

旅の最終日、札幌のホテルで地震警報が鳴った。そしてすぐにゆっくりと揺れた。

胆振地方中東部で震度5弱の地震発生。

まだまだ余震が続いているということだろうか。

政府は「ふっこう割」を発表した。大手旅行代理店しか扱っていないとうのが少し気になるが、これで北海道が元気になるといい。

観光庁は「元気です 北海道/Welcome! HOKKAIDO, Japan.」キャンペーンを始めた。

 

千歳空港は地震直後は全て閉鎖していたお土産屋さんもほぼ通常営業している。まだところどころ修繕が終わっていない箇所はあるがもう問題さそう。

そして、もうすぐ雪が降る。冬は北海道の稼ぎどきだ。

地震が収まってくれるといいのだが。

 

スポンサーリンク

 

You Might Also Like