大役が終わった

ひとつの大役が終わった。99.9パーセントの人は引き受けたがらない大役だ。この役をやっていると変人扱いされる。好きでやっているのだろうと思われる。べつに好きでやっているわけじゃない。やりたくてやっているわけじゃない。

 

スポンサーリンク

 

しかし、やってみると悪いことばかりじゃない。気の持ちようだ。嫌々やればつまらないし、楽しいと思えば、まあすごく楽しいわけではないが、つまらなくもない。

自分のための勉強になるし経験になる。人前で喋ることが苦手だが、練習になる。下手でもやっていればだんだんと慣れてきて、聞いている人の顔を見ることができるようになる。

先生との付き合いも生まれる。いままで先生とは大人で偉い人だと思っていたが、だんだんと同等に見えてくる。先生といっても普通の人間だ。

終わってみると、急に懐かしくなる。切なくなる。まだ、昨日終わったばかりなのに。飲み会をセッティングしちゃったりする。笑っちゃう。

まあとにかく、ひとつの大役が終わった。

緊張感が減った。

ストレスが減った。

そして、ひとつ年をとった。

なにか次のプレッシャーになることを探そ。

 

スポンサーリンク

 

You Might Also Like